山口・佐々並市の町並み

c0129599_13254221.jpg
橋を渡ると時が止まった町がありました。




c0129599_1326226.jpg
佐々木家さん(大正)


c0129599_13261136.jpg
昔は佐々並駅だった建物(待合所)


c0129599_13262015.jpg
三浦酒造さんの倉庫と御茶屋跡(左)


c0129599_13262936.jpg
佐々並の町並み


c0129599_13263923.jpg
三浦酒造さん(明治後期)


c0129599_13264872.jpg
三浦酒造さん裏の路地


c0129599_13265732.jpg
直角に曲がった通り。 水路が道の真ん中を走っています。


c0129599_1327548.jpg
昔の旅人が現れそう。


c0129599_13271380.jpg
大津商店さん(昭和28)


c0129599_13272268.jpg
小林家さん(目代所跡)


c0129599_13273095.jpg
椿商店さん(約150年前)


c0129599_13273817.jpg
佐々並の町並み


c0129599_13274639.jpg
萩往還の石畳


c0129599_13275575.jpg
佐々並の町、赤瓦に目を魅かれます!



2011年06月20日に重要伝統的建造物群保存地区に指定された、
萩往還の宿場町「佐々並市」(ささなみいち)を訪れました。

梅雨のような天気の中、左手に傘、右手に重いカメラを持って町を歩きましたが、
ふだん見慣れない赤瓦の古い町並みはとても新鮮でした!


佐々並市は、萩市の南部を占める旧旭村の南縁に位置する農村集落で、
かつての萩城下町と三田尻(防府市)を結ぶ萩往還の中間点に位置することから、
参勤交替の際などに藩主が休息する御茶屋を中心とした、
宿駅機能を有する集落として栄えました。
佐々並市の町並みは、江戸初期に農業を基盤としつつ、
萩往還の整備に伴って宿駅機能を備えた町並みとして成立し、
近年に至るまで町並みの地割に大きな変化はなく、
かつこの町並みの特徴を示す建築物や工作物、
環境物件が現在まで数多く残っています。(萩市HPより)


萩市佐々並市伝統的建造物群保存地区範囲図(PDF)
http://www.city.hagi.lg.jp/uploaded/life/30839_39784_misc.pdf




◎重要伝統的建造物群保存地区◎

地図

■TOP■
by magcojp | 2011-08-22 14:24 | 重伝建
<< 山口・秋芳洞 熊本・天草牛深~遊廓跡を歩く >>