長崎・松島を歩く~松島炭鉱四坑跡

c0129599_0544624.jpg
釜浦の町を散策したあと、内浦経由で炭鉱跡が残るという太田まで約4Kmを歩きました。




c0129599_0404734.jpg
こんな感じの道が結構続きます、ここは「共鳴の谷」という場所で、手をパンパンと強く叩かなければなりません。


c0129599_04059100.jpg
歩いていると道路沿いにいくつかの廃墟を見ることができます、やっぱり過疎化が進んでいますね・・・。
島の人口は最盛期の大正時代に1万3千人を数えましたが、今は約500人となってしまいました。


c0129599_041822.jpg
名所「桜坂」、長崎出身の超有名歌手さんも歌ってましたね、彼はこの島で働いていたことがあるらしい。


c0129599_0411646.jpg
廃墟と紅葉、なんか切なくなる光景です。


c0129599_0413064.jpg
J-POWER(松島火力発電所)さんが現れました~、これが見たかった~、カッコいい!
長崎県の全世帯の電力需要をほぼまかなうことができる凄い人です。


c0129599_0413734.jpg
内浦にあるJ-POWERさんの入口付近から道は狭くなり、グングン登りになってきます・・・ゼエゼエ。


c0129599_0414576.jpg
かなり登って行った所に展望所があり発電所が見渡せます、へえ~石炭(輸入炭)で電気を作っているんだ~。
煙が出ない画期的なシステムらしい、どこかの国にも教えてあげたい・・・。


c0129599_041594.jpg
やっと海岸線が見えてきた~、防空壕のようなアレは何でしょうか、避難壕??


c0129599_042791.jpg
釣り人がたくさんいた、メチャ綺麗な海です!


c0129599_0422194.jpg
「日本一小さな公園」で豪華昼食タイム!


c0129599_0422981.jpg
早朝のコンビニにはこれしか・・・、12月とは思えない陽気で気持ち良い休憩ができた。


c0129599_042351.jpg
「日本一小さな公園」からしばらく歩くと、目的の遺構がついにその姿を現した~!


c0129599_0424391.jpg
松島炭鉱四坑跡、巻き上げ機の施設跡。


c0129599_0425187.jpg
建物には柵がしてあり立入できませんでした。


c0129599_045133.jpg
大正6年に完成、閉山になる昭和13年まで活躍しました。


c0129599_0451672.jpg
松島には五つの抗口があったが、残っているのはここだけだそうです。


c0129599_0453041.jpg
昭和9年にこの第四坑が水没するという大事故があり、54人の尊い命が奪われました。


c0129599_0454232.jpg
レンガが壊れる恐れがあったため、侵食中のアコウを毒殺したそうです・・・。


c0129599_0455474.jpg
巻き上げ機の土台が残っています。


c0129599_046716.jpg
18尺の石炭層から年間55万5千トンを出炭していました。


c0129599_0461913.jpg
写真を撮っているとちょうど説明員の方がお見えになり、いろいろお話を聞けてよかった。


c0129599_0463198.jpg
万田坑や宮原抗に比べ遺構の規模は小さいですが、美しい赤レンガの造形に感動しました。


c0129599_0464370.jpg
深さ135mの竪坑跡(人用)。


c0129599_0465480.jpg
守衛室跡。


c0129599_047695.jpg
変電所跡。


c0129599_0472293.jpg
山ノ神の発電所で作られた電気が山を越えて、この変電所まで送られていました。


c0129599_0473468.jpg
変電所跡。


c0129599_0474618.jpg
この辺りにもう一つの巻き上げ機の施設がありましたが、今は竪坑跡しか残っていません。


c0129599_0475866.jpg
竪坑跡(物資用)。


c0129599_0481165.jpg
向こうに見える島は、いつか探検に行ってみたい池島です。


c0129599_0482372.jpg
今までトボトボ歩いてきた道は、ここから内浦の積出港まで石炭を運んでいた鉄道跡でした。


c0129599_0484855.jpg
在りし日の松島炭鉱第四坑。


c0129599_049016.jpg
帰りは太田から島のコミュニティバスで釜浦港まで戻ります。
松島はかつての捕鯨、炭鉱の島から、電力の島へと変貌していました。



地図

■TOP■
by magcojp | 2016-12-10 10:59 | 産業遺産
<< 大分・日田隈の町並み 長崎・釜浦の町並み >>