宮崎・えびの駅

c0129599_13555049.jpg
宮崎からの帰り道に前々から見たかった「えびの駅」に立寄りました。




c0129599_13554622.jpg
ここは大正元年(1912年)開業の古い駅です。




c0129599_13554255.jpg
この駅は映画「美しい夏キリシマ」(2003年)のロケ地となり、その記念碑が立っていました。




c0129599_13553803.jpg
映画撮影のため、アルミサッシの窓は木製へ改修されたらしい。




c0129599_13553462.jpg
大正レトロな駅舎です。




c0129599_13552570.jpg
昭和61年(1986年)から無人駅です。




c0129599_13552121.jpg
駅本屋は国登録有形文化財になっています。




c0129599_13551699.jpg
この駅は初め「加久藤(かくとう)駅」として開業されました。




c0129599_13551294.jpg
昭和41年(1966年)に加久藤町・真幸町・飯野町が合併しえびの町が発足しその後えびの市となりました。




c0129599_13550887.jpg
平成2年(1990年)に駅名も現在の「えびの駅」に改称されました。




c0129599_13545854.jpg
雨も止んで青空もかすかに見えてきたが、えびのの山が見えず残念・・・。




c0129599_13545210.jpg
哀愁漂う駅名標。




c0129599_13544727.jpg
「本格焼酎 明月」で有名な明石酒造さんの工場が見えます。




c0129599_13544150.jpg
この鉄道は鹿児島の吉松駅から宮崎の都城駅までをつなぐ吉都(きっと)線というJR九州の路線です。




c0129599_13543698.jpg
のどかな田園風景が広がります、れんげ畑が綺麗!




c0129599_13542893.jpg
木製の電柱に歴史を感じます。




c0129599_13542429.jpg
古い駅には井戸が必ずありますね。




c0129599_13541979.jpg
線路内に入っての撮影は固く禁じられています・・・。




c0129599_13541405.jpg
なかなか列車は来ません。




c0129599_13540921.jpg
秋になるとススキ野が火山ガスの影響で一面葡萄(えび)色に変わる景色から、えびのという地名ができたらしい。




c0129599_13540099.jpg
映画のロケに使われた駅名看板が残っています、劇中でここは「霧野」という駅だったのか。




c0129599_13535685.jpg
休憩室でしょうか、昼寝がしたくなります。




c0129599_13535276.jpg
1日の乗車客は100人に満たないらしい、そう言えば人を見ないし・・・。




c0129599_13534886.jpg
100歳を超える「えびの駅」さんでした~。




c0129599_13534395.jpg
なんか閑散としている駅前の風景、ちょっと歩いてみよう。




c0129599_13533357.jpg
駅前のパチンコ屋さん、駐車場でどこかの親子が4人で野球をされていました・・・。




c0129599_13532803.jpg
駅からちょっと離れた所にあったカッコいい町屋。




c0129599_13532315.jpg
むかしの駅名が記された道路標識がまだ残っていました。




c0129599_13531876.jpg
えびのからの帰り道、いつも気になっていた球磨川沿いの国道219号から対岸に見える旅館さんを撮影しました。




c0129599_13531376.jpg
風格のある木造三階建「鶴之湯旅館」さん、いつか泊まってみたい。




地図

■TOP■
by magcojp | 2017-05-05 10:36 | 駅舎
<< 熊本・池山水源 宮崎・涙町おいらん道中 >>