熊本・御所浦の町並み

c0129599_21405162.jpg
島探検のあとフェリー乗船までには時間があったので、町を散策しました。




c0129599_2141073.jpg
漁業で栄えたこの町には、古いけどりっぱなお宅が多かったです。


c0129599_21411226.jpg
山下鮮魚店さん、お仕事ご苦労さまで~す!


c0129599_21412925.jpg
御所浦は鯛の養殖で有名です、見たことあるお姉さんが~!


c0129599_21414037.jpg
鯛のコテ絵?が施された豪邸。


c0129599_21415224.jpg
雰囲気のいい旅館さんがありました。


c0129599_2142243.jpg
「せどわ」と呼ばれる狭い路地に建ち並ぶ家々。


c0129599_21421227.jpg
昔は魚屋さんかなにかだったのでしょうか?


c0129599_21422036.jpg
手書きの看板が素敵な花里燃料店さん。


c0129599_21423098.jpg
瓦のマークがカッコえっ~!!


c0129599_21424978.jpg
狭い「せどわ」では自転車が威力を発揮します!


c0129599_2143445.jpg
車が入ってこれないので、配達のお兄さんも大変そう・・・。


c0129599_21431687.jpg
木製の窓に魅かれます・・・せどわ歩きはとても楽しかった。


c0129599_21432475.jpg
道なのか、人の家の敷地なのかよくわからない・・・迷子になりそうでした。


c0129599_21433393.jpg
綺麗な御所浦漁港、船の出入りが頻繁で活気を感じました!




平成の大合併前、熊本には105の市町村がありました(現在は45)。
その中で私が唯一行けなかったのがここ旧天草郡御所浦町でした。
現在は天草市の一部となりましたが、やっと訪れることができました!

御所浦は熊本県で唯一の離島の町で、不知火海の穏やかな内海にあり、
御所浦島、牧島、横浦島の3つの有人島を中心に大小18の島々からなっています。
古くから漁業の町で、現在も多くの島民が漁業を生業として生計をたてています。

「恐竜の島」、「化石の島」と呼ばれるこれらの島々では、
約1億年前の中生代白亜紀から約4700万年前の新生代古第三紀の地層が分布し、
地層には恐竜をはじめ豊富で多彩な化石が見つかります。
白亜紀と古第三紀の地層が重なり、国内においても類を見ない
大変貴重な1億年の歴史が眠る島々です。



地図

■TOP■
by magcojp | 2013-05-22 14:30 | 町並み
<< 鹿児島・東雲の里 あじさい園 熊本・御所浦~恐竜の島 >>