鹿児島・熊襲の穴

c0129599_21553401.jpg
パワースポットの熊襲(くまそ)の穴にやって来ました、駐車場から山登りです(ゼエゼエ・・・)。




c0129599_21550372.jpg
この岩の裂け目から穴の中へと入っていきます、その前に電灯のスイッチを入れなければなりません。




c0129599_21543397.jpg
古代の南九州には熊襲と呼ばれる豪族が住んでいました。




c0129599_21540184.jpg
階段を恐る恐る上って洞窟の中へ潜入します。




c0129599_21533102.jpg
おっ~、なんだこれはっ! 思ったより中は広く100畳ほどあるそうです。




c0129599_21530178.jpg
洞窟の壁面や天井には なんかサイケデリックなモダンアートが!




c0129599_21523117.jpg
これは鹿児島出身の画家さんが描かれたもので、洞窟内に神秘的な雰囲気が漂います。




c0129599_21520183.jpg
熊襲は日本書紀や古事記にも登場するらしい。




c0129599_21513199.jpg
小学生の頃、冗談で先生から「お前らの祖先は熊襲だから」と言われたことを思い出した・・・。




c0129599_21510131.jpg
ここに熊襲の皆さんが暮らしていたんですね~。




c0129599_21501525.jpg
途中、大勢のチビッ子軍団の襲来があったので、30分くらい外で過ごした・・・。




c0129599_21494607.jpg
この洞窟の奥にはさらに広い300畳ほどの洞窟があるらしいが、落盤などで現在は入れないそうです。




c0129599_21491594.jpg
天皇(景行)に逆らう熊襲一族を征伐するために、コオズノミコト(天皇の子、後のヤマトタケル)がやって来ました。




c0129599_21484396.jpg
彼はこの洞窟で行われていた宴に女装してまぎれ込み、熊襲の大将(カワカミノタケル、タテル兄弟)を討ち取りました、めでたしめでたし。




c0129599_21481324.jpg
狭いよ~、怖いよ~、コウモリがバタバタ飛ぶし・・・。




c0129599_21473950.jpg
幻想的な壁画、ここは涼しくて気持ちいい。




c0129599_21462141.jpg
幻想的な壁画、洞窟よりアートに目が行ってしまう。




c0129599_21455240.jpg
幻想的な壁画、洞窟内の説明板を読むと、熊襲はそんなに悪くはないのに成敗されたかんじです・・・(悲)。




c0129599_21452188.jpg
いつまでも幻想アートを見ていたいけど、次に進むために出口へ。




c0129599_21445241.jpg
神話が今も生き続ける熊襲の穴でした~! さっ~下山もキツいぞ(汗々・・・)。


地図

■TOP■
by magcojp | 2017-09-30 10:01 | 観光地
<< 鹿児島・薩摩隼人戦史館 鹿児島・彼岸花園 >>